D-CRYSTAL COAT 作業行程

01. wash it off

ボディーコーティング




汚れだけでなく、残っているワックスやポリマー等の油成分を、特殊な専用シャンプーで洗い落としていきます。

02. comparison of the washing

ボディーコーティング




洗車された部分と洗車前の部分には、境界線ができるほどはっきりと境目が分かります。

03. wheel washing

ボディーコーティング




ホイールは鉄分除去剤を使用し、すべてのピッチやタール・ブレーキダストを落としていきます。

04. trap viscosity

ボディーコーティング




水を流しながら、極力無駄な傷が入らないよう、ボディーに刺さった鉄粉をトラップ粘土で除去していきます。

05. air blow

ボディーコーティング




洗車後の水分をエアーブローを使い隅々まで飛ばしていき、同時に汚れ残しが無いかチェックしていきます。

06. masking

ボディーコーティング




ボディーの突起部分や角部分は塗装膜が薄いため、あらかじめマスキングすることにより保護していきます。同時に細かな部分にコンパウンドが入り込まないようにするためでもあります。

07. groundwork

ボディーコーティング




専用バフを使い、今まで付いた洗車傷や擦り傷・シミデポジット等を研磨し下地を整えていきます。

08. polisher

ボディーコーティング




特殊なポリッシャーを使用し、磨き傷を取りつつ塗膜面を鏡面に仕上げ艶を出していきます。この時点ですでに、ボディーはアメの様な艶はだに仕上がっています。

09. glass coating

ボディーコーティング


ガラスコーティングの液剤を塗り残しの無い様に、丁寧に塗りこんでいきます。この時の塗りこみ加減により完璧なアブソリュートレイヤー(均一な膜)が形成されます。*プラチナコースの場合下塗剤・上塗り剤に分かれるため、この塗りこみ作業が2度繰り返し行われ、更に膜厚厚いガラス層が形成されます。

10. glass coating to wheel

ボディーコーティング




ホイールにもガラスコーティングを施すことで、ブレーキダストの焼き付を極限まで減らすことが可能になります。

11. check

ボディーコーティング



専用に織り込まれた、ふきあげタオルでボディーを丁寧にふきあげつつ、艶の出具合をチェックしていきます。換装後傷を付けないようふきあげてることで、艶が更に増すのもDCCの特徴です。

12. completion

ボディーコーティング




清掃&最終チェックをし完成となります。一年後の無料チェック&メンテナンスをすることにより、長きに渡り最高の光沢を保ち続けてくれることをお約束します。(DCCコーティングは業界初の10年保障を約束しています)